航空業界、航空会社への就職活動を応援します。航空会社ランキング表、JALやANA飛行機パイロット、客室乗務員、航空整備士の年収給料、求人募集採用情報

航空業界・航空会社の就職求人採用【内定の法則】 > 航空会社別プロフィール

航空会社別プロフィール



正社員への転職サイト オススメ Best 3
01.png  
リクルートエージェント

(オススメ度 ★★★★★)
02.png  JAC Recruitment
(オススメ度 ★★★★)
03.png  CAREERCARVER
(オススメ度 ★★★)

日本航空(JALグループ)

わが国を代表する航空会社。2002年に10月に、
日本第3位の航空会社だった日本エアシステム(JAS)との経営統合を開始、
2004年には新しい「JALグループ」がスタートしました。

「日本航空(JALグループ)」詳細はこちら

全日本空輸

日本航空とともに日本の航空業界の双璧をなす全日空(正式名称は全日本空輸)。
旅客輸送では世界有数の実績を持ち、 国内線では日本航空と並んでシェアを
ほぼ二分する大手エアライン。

「全日本空輸」詳細はこちら

スカイマーク

旅行会社エイチ・アイ・エスを創業した澤田秀雄氏らにより、
96年1月に設立されました。
規制緩和によって誕生した格安航空会社のパイオニアです。

「スカイマーク」詳細はこちら

スターフライヤー

2002年12月に設立され、06年3月からは商業運航を始めたスターフライヤー。
社長はかつてのJAS出身の堀高明氏。
幹部クラスにも日本の大手航空会社の出身者が多い。

「スターフライヤー」詳細はこちら

北海道国際航空(エア・ドゥ)

日本の空の規制緩和により、スカイマークに続く第2の新規航空会社として
1996年に誕生。98年12月から羽田/札幌(新千歳)線に就航しました。

「北海道国際航空(エア・ドゥ)」詳細はこちら

アイベックスエアラインズ(IBEXエアラインズ)

第3の新規航空会社として、00年より運航を始めたのがアイベックスエアラインズ。
成田と伊丹を拠点に国内ネットワークを拡大中です。

「アイベックスエアラインズ(IBEXエアラインズ)」詳細はこちら

スカイネットアジア航空

宮崎に本社を置き、02年に羽田/宮崎線で初就航を果たした航空会社。

「スカイネットアジア航空」詳細はこちら

ユナイテッド航空

米国を代表する大手航空会社の1社で、世界でも最大級の運航規模を持つのが、
シカゴに本拠を置くユナイテッド航空です。

「ユナイテッド航空」詳細はこちら

ルフトハンザドイツ航空

ドイツのフランクフルトおよびミュンヘンを拠点に、
世界96ヶ国・411都市をネットワークにするルフトハンザドイツ航空。

「ルフトハンザドイツ航空」詳細はこちら

シンガポール航空

面積(本島)は東京23区とほぼ同じ、その狭い国土ゆえに国内線のないシンガポール。
しかし、アジアにおける金融・貿易の一大拠点であるこの国。
その代表する企業がシンガポール航空です。

「シンガポール航空」詳細はこちら

エミレーツ航空

世界の航空業界関係者が関心を寄せるエアラインであるエミレーツ航空。
その理由は急ピッチで発展をとげている中東ペルシャ湾岸諸国の航空会社だからです。

「エミレーツ航空」詳細はこちら

日本(国内線)の航空業界地図

国内の定期便を運航する会社は、日本航空、全日空を中心に約20社です。

「日本(国内線)の航空業界地図」詳細はこちら

日本(国際線)の航空業界地図

ここでは日本発着の国際線の概要をみていきましょう。2004年度の実績で、国際線航空旅客数は5,186万人を超えています。そのうち日系航空会社が運んだのは、1,827万人。

「日本(国際線)の航空業界地図」詳細はこちら

米国の航空業界地図

いつの時代も、世界の航空業界の中心を担ってきたのが、米国の航空産業です。その市場規模は世界でも群を抜いています。

「米国の航空業界地図」詳細はこちら

欧州の航空業界地図

総じて長い歴史をもっており、各国を代表する名門航空会社が名を連ねるのが、ヨーロッパの航空業界です。各社は母国の文化と伝統を背景にしたサービスで個性を競い合ってきた。

「欧州の航空業界地図」詳細はこちら

アジア・太平洋の航空業界地図

世界において今後、最も航空需要が伸びるといわれているのが、この市場です。

「アジア・太平洋の航空業界地図」詳細はこちら

中国の航空業界地図

歴史や実績という点では、まだまだこれからですが、航空業界の伸びが著しい国の代表格が、中国です。

「中国の航空業界地図」詳細はこちら